日記

アートディレクター水鳥雅文さんからのメッセージ

2015年10月20日 お知らせ, 小竹貴子

水鳥雅文
水鳥雅文さんにお会いしたのは、2012年。もう3年経ちます。あるプロジェクトで、お仕事をご一緒したのが最初の出会いです。

それから何度かお会いすることがあり、水鳥さんの課題への向き合い方、そしてそれを柔らかに解決する姿が心に残っていて
「いつか自分のサービスをつくるときは、彼に相談しよう」当時、わたしはそんなことを思ったものでした。

アートディレクターというと、クライアントの課題をデザインで解決をするプロフェッショナル。
デザインは、時には行動よりも言葉よりも強く心に響くことがあります。そして無言語。

今回念願叶い、ロゴのデザインそしてホームページのデザインをお願いできました。
ちょっと身の丈にあってないくらいかっこいいものになったかなとは思いますが
自らこだわったのは、結果としてよかったです。

水鳥さんからのメッセージをいただいたので、ご紹介したいと思います。
=======================

今回の「にほんのごはん」のロゴのポイントは大きく二つあります。
まずは、ロゴの中に入れた赤い丸。
これは、日本の国旗日の丸の赤い丸と
外国の方でも和食といえば思いつく「梅干し」がモチーフになっています。
もうひとつは、「にほんのごはん」ロゴで横に並んでいる
「に」の縦棒を取って点々をつけた「ご」と「ほ」の横棒を取った「は」で、和食の根底にある基礎を表しています。
基礎を伝えて、自由にアレンジして食生活を楽しんでいただきたい
みなさんそれぞれの家庭の味を作っていき、家族で味わってほしい、というお二人の想いを込めました。
また、お母さんや女性だけでなく、男性にも親しみを感じていただけることも意識して、シンプルながら
男性でも違和感のない温かみのある雰囲気のロゴに仕上げることも意識しました。

和食や家庭料理の未来を支えるお二人の活動を今後も楽しみにしております。

水鳥デザイン
水鳥雅文
===================
あとはまっすぐに歩いていくだけです、わたしたち。
takako kotake